MENU

低金利で即日融資も可能!総量規制対象外カードローン

専業主婦OKで高額融資も可能な総量規制対象外カードローン

総量規制という言葉をご存じでしょうか?総量規制は個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限されるという個人の借入を規制する法律のことです。2010年に施行された改正貸金業法に導入されたもので、これにより自身に年収のない専業主婦の方や年収の3分の1を超える借入をしたい方がお金を借りることができなくなってしまいました。

 

しかし、この法律は消費者金融など貸金業者のみに適用されるもので、銀行は貸金業者にあたりませんから総量規制対象外になります。つまり、銀行カードローンでしたら年収の3分の1を超えていたとしても、審査によって融資可能と判断されれば高額なお金を借りることも可能というわけです。

 

また、消費者金融など貸金業者ですと総量規制によりお金を借りられない専業主婦ですが、総量規制対象外の銀行カードローンであれば、自身の収入が0円の専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば利用が可能となります。銀行カードローンの場合もともと審査が厳しい傾向にはありますので、専業主婦不可のところもやはり多いです。しかし、なかには専業主婦でも限度額50万円まで可能、というところもありますのでそうしたところでしたら専業主婦でもお金を借りることが可能です。

 

銀行カードローンの場合、その銀行の口座を既に持っていれば、取引実績などにより審査が優遇されたりまた手続きがスピーディーに済んだりといったケースもあります。どの銀行カードローンを選ぶか検討する際には、まず自身が口座を持つ銀行カードローンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

なぜ総量規制が導入されたの?

そもそもなぜ総量規制が導入されることとなったのでしょうか。総量規制が導入される前までは、個人の借入れ額に法的な制限はありませんでした。そのため、金融機関は返済能力のあまりない人間に対しても過剰にお金を貸付けて、借りた人は多重債務に陥る人も多く返済しきれない多額の借金に対処できなくなる人が出てくるなど社会問題に発展していったのです。

 

そうした社会問題を解決して安心して利用できるような市場の構築の考えのもと、過剰貸付けを抑制して無理な貸付けや借入ができないようにするために総量規制は導入されました。総量規制は利用を縛るための法律ではなく、利用者の救済のための法律なのです。

 

総量規制の対象になるものとならないもの

総量規制の対象になると、年収の3分の1以上の借入ができないということはわかったものの、何が総量規制の対象で何が総量規制の対象にならないのかは今ひとつわかりにくいですよね?

 

総量規制の対象となるのは、そもそも貸金業者の個人向け貸付けです。貸付けの契約には、「個人向け貸付け」と「個人向け保証」、「法人向け貸付け」「法人向け保証」というように4つの種類があるのですが、このうちの個人向け貸付け、つまり個人がお金を借りる行為に対してが総量規制の対象となります。(※ただし、個人が事業用資金として借りる場合は原則対象になりません。)

 

また、総量規制は貸金業者のみの適用されるものです。貸金業者にあたるのはどういった金融機関かといいますと、

 

消費者金融
クレジット会社
信販会社や事業者金融会社

 

などといったところが対象となります。先に挙げたように、銀行は貸金業者にあたりませんので総量規制の対象になりません。なので、貸金業者以外の金融機関の場合には総量規制対象外になるわけです。

 

では貸金業者の個人向け貸付けならなんでも対象になるのか?といいますと、これも全てが全て対象になるわけではありません。これが総量規制の少し複雑なところなのですが、例えば長期ローンである住宅ローンや自動車ローン、高額医療費などの貸付けといったものは、そもそもが高額ですし年収の3分の1を超える方も多いですよね。こうしたローンは総量規制の除外として認められています。

 

また、おまとめローンや借換えローン、個人事業主への貸付け、緊急医療費の貸付けなどは総量規制の例外貸付けとして、3分の1を超えていても例外的に貸付けが可能となります。

 

借り換えローンの比較は、借り換えカードローン金利比較ランキングなど参考にして借入先を探すと良いかもしれませんね。

 

総量規制対象外のカードローンのメリット

審査に通れば年収の3分の1を超えるような高額な借入も可能
専業主婦でも借入が可能なところがある
銀行カードローンだから消費者金融よりも低金利

 

総量規制対象外のカードローンにはこのようなメリットがあります。低金利で高額融資も可能、となりますと、特にまとまった額で長期の借入を考えている方などは総量規制対象外のカードローンが向いていると言えます。

 

基本的には即日融資となりますと審査スピード勝負のところが大きいですので消費者金融のカードローンが向いていますが、今の銀行カードローンには即日融資が可能なものも多くなっていて、なかには最短審査30分など消費者金融の審査スピードと変わらないところもあります。総量規制対象外でかつ低金利・審査が早いとなりますと、もうこのカードローンを選ばない理由がありませんよね。